会員制勉強会
「閾値アップ」のご案内

申し込みの締め切りは、毎月5日です。

自分がまだ知らない自分と出逢うことができる会員制勉強会のご案内です。

閾値とは、、、

閾値は、「境目となる値」という意味の言葉です。
いろいろな反応は閾値以上で反応し、閾値以下では反応しません。
閾値は「限界値」という意味で理解するとわかりやすいです。
「閾値を超える」で「境目となる値を超える」、
つまり「限界値を超える」という意味になります。

自分のことは、自分が一番よく知ってる。
自分のことは、自分が一番よく知らない。

確実なのは、未来の自分のパフォーマンスについては、
自分を含め、現段階では誰も知らないということです。

そして発揮できるパフォーマンスは、
自分が持っているポテンシャルが土台になっています。

大事なことは、知らないことを知りたいという成長意欲と、
知ったことをできるようにするという日々の努力の積み重ねだと
ボクは信じています。
参加したからといって、いくら稼げるようになるとか甘い適当なことは言いません。

ただし、一年間コツコツとインプットとアウトプットを継続できるなら、雇われなくても
生きていけるチカラ(自由自在にビジネスを構築して、そこから対価を得るスキル)を
手に入れることができるんじゃないかな、と。

ちなみに、セミナーのような講師が教えるという一方的なスタンスではありません。
閾値をアップさせる為の期間は、1年間です。
※いつからでもご参加いただけます。参加月から1年間とお考えください。

参加者の声

「成長した自分」になったことを実感しています。

Sさん(豊田市)
1年間の間、会員制勉強会「閾値アップ」に参加させて頂きありがとうございました。

終わってみれば、あっという間の1年でした。

正直、参加当初は、主催者の曲尾さんが言うことが理解できず、「どういうこと?」と戸惑うことが多かったですが、
1年継続することで理解度も増し、得られる情報から、さらに仮説を考えることまでできるようになっている自分に、
誰よりも自分が驚いてます。


「閾値アップ」勉強会では、チャットワークを使った「毎日のキャッチボール」が行われます。
継続してわかったのは、他人との関わりの中で自分の考えがまとまっていくという点、
さらに考えを飛躍させることができるということです。
曲尾さんとキャッチボールをして最もよかったことは、自分の置かれている立場、性格、タイプを瞬時に把握し、
的確なアドバイス、フィードバックを親身にして頂ける点です。


月1回のメンバが集まっての勉強会では、単なる受け身の勉強会ではなく、
自分が準備してメンバーの前でファシリテーターとなり行う機会も頂けました。
この機会のおかげで人前に立つことが苦手だった私も、
今では講座の講師としてお客様から対価を頂くまでになりました。
正直、この勉強会を通じて、自分がリアルなビジネスを開始することを想定していなかったため、
それが実際にできたことが、想定外の嬉しいギャップでした。

自分で実際にビジネスを行い、それに対して都度、フィードバックを頂けたことは、
他の勉強会では得られない貴重な体験だったと思います。


「閾値アップ」勉強会に参加して1年経過した今、
「成長した自分」、「変わった自分」になったことを実感しています。
ちょうど1年前、「ビジネスをするにしても、何をしたらいんだろう?」と悩んでましたが、
今、自分のビジョンというのも明確に具体的になりつつあります。
今後は、自分の学んだことを他人や社会に貢献できるように引き続き活動していきたいと思ってます。
VOICE

勉強会は本当にものすごい「加速器」です

田平さん(名古屋市)

私は約1年前に入会をしました。

当時、気付けば小さな会社の代表になっていて、とにかく売り上げを作ること、
お客様や社員や会社を守ることに必死で、それでも会社の回し方なんてわからず行き当たりばったりで、
売上も乏しく、借金もあり、さらに新しい事業にトライしてはうまくいかず、
これ以上失敗し続けたら会社がつぶれてしまう…という八方塞がりかつ崖っぷちの状況でした。
そんな状況を見かねた知り合いから起業家道を教えているという曲尾さんを紹介していただいたことがきっかけで
「年間プログラム」に入会しました。

 

今知りましたが会員制勉強会「閾値アップ」というコースの名前なんですね笑

それくらい私は一体曲尾さんが具体的に何を教えてくれるのか、どんなことができるのか、
どれくらい費用がかかるのか…など全く知らないままに入会を決めたので、よく思い切ったな、と思います。

 

入会費用も、私は結果「年間プログラム生」でしたので、それはもう必死にかき集めました。
社員へ支払う給与さえ不安で仕方なかった、本当にお金がなかった時期、よく集まったな、と今も思います。

 

ただ、その金額も勢いも、何の後悔もなく、むしろ英断だったと当時の私をほめてあげたいです。
それができたのは、「曲尾さん」という方との縁を生かすも殺すも自分の決断と覚悟次第だ、
と初対面で感じたからです。

曲尾さんのまわりの空気は、説明しづらいのですが「動いている」のです。
アンテナも四方八方に張り巡らされている感じ。お会いした時から今までずっとそれは常に変わりません。

自分にはない価値観や知識、経験をくれる人だ、スピード感をもって変化をもたらしてくれる人だ、
とそれだけは直観的に感じました。

そしてお会いしてから今までずっと、私にフィットした刺激を凝縮してタイミングを見て与え続けてくれます。

 

まだ1年と少ししかご一緒していないですが、
曲尾さんは、自分の周りの人をとことんまで面倒を見て愛しちゃう人だと思います。
それもあってか?曲尾さんの印象は正直最初、「恐い人」でした。(…いっていいのかな。笑)

じっと目の奥を見据えて、いろんな質問をして、その答えをじっくり精査して何かを推し量っていそうで、
次から次から質問がやってきて、それに慎重に考えている間もなく、いろんなことが見透かされていそうで、
それが少しピリッと背筋が伸びるような恐さがありました。(最初だけ笑)

話すと、勉強会に参加していると、その最初に感じた「恐さ」は本当に自分の奥の奥まで寄り添おうと
観察してくれていたからなんだと実感しました。

それだけ愛をもって真剣に奥の奥まで見てくれる人って、自分の周りにどれだけいるのかな?と思いますし、
そんな方と巡り合うことができた自分は幸せだと思います。

 

 

そして1年間の勉強会。

私にできる新しい挑戦が1回の勉強会でいくつも生み出されました。
座学に始まり、DVDを見たり、ディスカッションをしたり、ファシリテーターになってみたり、
外部講師の方のお話をうかがったり、
どの勉強会をとっても、その日一日に学び知ることだけでも、
とらえ方や行動次第で自分自身の可能性が大きく広がることを感じました。

「考える」ってなに?「口に出す」ってなに?「行動する」ってなに?よく本に書いてある、
よく偉い人が言っているような内容が、きちんと細分化されていて緻密、かつ合理的に体系化されている。
だからとても自分の経験にも当てはめやすくわかりやすかったです。

 

大学も出て、社会では大企業と言われる会社のサラリーマンにもなり管理職も少しだけ経験したことはありますが、
事業の起こし方、業務・サービスの決め方、社員との接し方、利益の出し方、自分は何が得意でどんな人間なのか、
何一つ知らなかったし、結局だれも教えてくれませんでした。
答えなんて失敗しながら自分で探さないとない、といろんな人に言われました。
もちろんそれも一つの答えだと思います。

ですが私にとって、このコースで「起業・経営には原理原則がある」ということを知ることができたことは
一生の財産です。

 

 

そして毎日の「キャッチボール」。

私が一番この勉強会に参加してよかった、曲尾さんに教えてもらえてよかったなぁと痛感したのは、
実は毎日の日報をサボらせてくれたから(これも言っていいのかな…笑)です。

メルマガとかSNS等を見ても、曲尾さんはどこか「軍隊」みたいな厳しさを感じるところがあって、
正直、それに押し潰されないか心配もありました。

ありがたいことに私は会社がみるみる忙しくなって、睡眠時間がギリギリどころか、
ハゲを作りながら必死に仕事をいっぱいいっぱいでこなすようになっていました。
(決してキャッチボールが嫌でハゲたんじゃありません。むしろ結構好きでした笑)

もうキャッチボールを続けることは無理だ…と思ったときに、正直に「休みたい」と伝えたら、(むしろ伝える前に)

 

「このやりとりが負担になったら、

本末転倒なので、無理しないでね(^ ^)

昨日分は、お休みでもOKです!

 

 

追伸

 

一項目一行で、三行でもいいし、

今日は休みます。でもOKです。」

 

「キャッチボールは、

義務ではないし、

負担なら止めてもいいですよ。

 

不定期でもいいし、

田平さんにとって、

優先すべき大事なことに

時間を投資してください(^ ^)」

 

って、え?!鬼軍曹が…!笑

ちなみにコレは本当に鬼軍曹からの言葉のコピペです。(勝手なイメージ笑)

「ついてこれない奴はもういい!おいていく!」的な方かと思いきや、まったく違い、(もちろん厳しい時は厳しいですけど)
本当に私が続けられる形を一緒に模索してくれたこと、寄り添ってくれたことが凄くうれしかったです。

それはただ、優しくしてもらってうれしかったのではなく、途中で中断、退会することもなく、
必要な知識を最後まできちんと丁寧に私の芯まで届くように粘り強く教えてくださったことがうれしかったのです。

 

そのおかげもあり、この一年で会社の仕組みをブラッシュアップでき、様々な面で加速することができました。
売上も収入も、目標値を一年で大幅に超え、教えていただいた原理原則は今では社員教育にも使わせていただき
私たちの共通認識としています。

 

 

勉強会に参加できたこと、曲尾さんとの縁がいただけたことが、私の財産・・・というよりも、
私をより輝かせてくれるための加速器となっているように感じます。

 

 

 

参加を迷ってる方へのアドバイスをもしお送りできるとしたら、
この勉強会は本当にものすごい「加速器」ですので、
(先に、一度の参加でたくさんの可能性が広がる、挑戦が生まれる、と伝えましたが、つまりは)
一度だけでも参加したらわかります。

でも逆に、一度参加して何も変われないと感じるなら、何度参加してもきっと同じかも知れないので、
やめた方が良いと思います。
あと、「原理原則」ではなくて「答え」が聞けると考えている人もやめた方が良いですね。

本当に起業家として生きていく力が欲しいと感じている方や、
何かしたいと強く思うけれど、自分の強みやウリがわからなくて前に進めない、漠然とした不安を感じているような方は、まずは一度、曲尾さんにお会いしてみる、この勉強会にお試しでも(あるのかな?)
参加してみることを強くお勧めします。
きっと、自分の中で変化スピードが変わることを実感できると思います。

VOICE

勉強会は本当にものすごい「加速器」です

田平さん(名古屋市)

私は約1年前に入会をしました。

当時、気付けば小さな会社の代表になっていて、とにかく売り上げを作ること、
お客様や社員や会社を守ることに必死で、それでも会社の回し方なんてわからず行き当たりばったりで、
売上も乏しく、借金もあり、さらに新しい事業にトライしてはうまくいかず、
これ以上失敗し続けたら会社がつぶれてしまう…という八方塞がりかつ崖っぷちの状況でした。
そんな状況を見かねた知り合いから起業家道を教えているという曲尾さんを紹介していただいたことがきっかけで
「年間プログラム」に入会しました。

 

今知りましたが会員制勉強会「閾値アップ」というコースの名前なんですね笑

それくらい私は一体曲尾さんが具体的に何を教えてくれるのか、どんなことができるのか、
どれくらい費用がかかるのか…など全く知らないままに入会を決めたので、よく思い切ったな、と思います。

 

入会費用も、私は結果「年間プログラム生」でしたので、それはもう必死にかき集めました。
社員へ支払う給与さえ不安で仕方なかった、本当にお金がなかった時期、よく集まったな、と今も思います。

 

ただ、その金額も勢いも、何の後悔もなく、むしろ英断だったと当時の私をほめてあげたいです。
それができたのは、「曲尾さん」という方との縁を生かすも殺すも自分の決断と覚悟次第だ、
と初対面で感じたからです。

曲尾さんのまわりの空気は、説明しづらいのですが「動いている」のです。
アンテナも四方八方に張り巡らされている感じ。お会いした時から今までずっとそれは常に変わりません。

自分にはない価値観や知識、経験をくれる人だ、スピード感をもって変化をもたらしてくれる人だ、
とそれだけは直観的に感じました。

そしてお会いしてから今までずっと、私にフィットした刺激を凝縮してタイミングを見て与え続けてくれます。

 

まだ1年と少ししかご一緒していないですが、
曲尾さんは、自分の周りの人をとことんまで面倒を見て愛しちゃう人だと思います。
それもあってか?曲尾さんの印象は正直最初、「恐い人」でした。(…いっていいのかな。笑)

じっと目の奥を見据えて、いろんな質問をして、その答えをじっくり精査して何かを推し量っていそうで、
次から次から質問がやってきて、それに慎重に考えている間もなく、いろんなことが見透かされていそうで、
それが少しピリッと背筋が伸びるような恐さがありました。(最初だけ笑)

話すと、勉強会に参加していると、その最初に感じた「恐さ」は本当に自分の奥の奥まで寄り添おうと
観察してくれていたからなんだと実感しました。

それだけ愛をもって真剣に奥の奥まで見てくれる人って、自分の周りにどれだけいるのかな?と思いますし、
そんな方と巡り合うことができた自分は幸せだと思います。

 

 

そして1年間の勉強会。

私にできる新しい挑戦が1回の勉強会でいくつも生み出されました。
座学に始まり、DVDを見たり、ディスカッションをしたり、ファシリテーターになってみたり、
外部講師の方のお話をうかがったり、
どの勉強会をとっても、その日一日に学び知ることだけでも、
とらえ方や行動次第で自分自身の可能性が大きく広がることを感じました。

「考える」ってなに?「口に出す」ってなに?「行動する」ってなに?よく本に書いてある、
よく偉い人が言っているような内容が、きちんと細分化されていて緻密、かつ合理的に体系化されている。
だからとても自分の経験にも当てはめやすくわかりやすかったです。

 

大学も出て、社会では大企業と言われる会社のサラリーマンにもなり管理職も少しだけ経験したことはありますが、
事業の起こし方、業務・サービスの決め方、社員との接し方、利益の出し方、自分は何が得意でどんな人間なのか、
何一つ知らなかったし、結局だれも教えてくれませんでした。
答えなんて失敗しながら自分で探さないとない、といろんな人に言われました。
もちろんそれも一つの答えだと思います。

ですが私にとって、このコースで「起業・経営には原理原則がある」ということを知ることができたことは
一生の財産です。

 

 

そして毎日の「キャッチボール」。

私が一番この勉強会に参加してよかった、曲尾さんに教えてもらえてよかったなぁと痛感したのは、
実は毎日の日報をサボらせてくれたから(これも言っていいのかな…笑)です。

メルマガとかSNS等を見ても、曲尾さんはどこか「軍隊」みたいな厳しさを感じるところがあって、
正直、それに押し潰されないか心配もありました。

ありがたいことに私は会社がみるみる忙しくなって、睡眠時間がギリギリどころか、
ハゲを作りながら必死に仕事をいっぱいいっぱいでこなすようになっていました。
(決してキャッチボールが嫌でハゲたんじゃありません。むしろ結構好きでした笑)

もうキャッチボールを続けることは無理だ…と思ったときに、正直に「休みたい」と伝えたら、(むしろ伝える前に)

 

「このやりとりが負担になったら、

本末転倒なので、無理しないでね(^ ^)

昨日分は、お休みでもOKです!

 

 

追伸

 

一項目一行で、三行でもいいし、

今日は休みます。でもOKです。」

 

「キャッチボールは、

義務ではないし、

負担なら止めてもいいですよ。

 

不定期でもいいし、

田平さんにとって、

優先すべき大事なことに

時間を投資してください(^ ^)」

 

って、え?!鬼軍曹が…!笑

ちなみにコレは本当に鬼軍曹からの言葉のコピペです。(勝手なイメージ笑)

「ついてこれない奴はもういい!おいていく!」的な方かと思いきや、まったく違い、(もちろん厳しい時は厳しいですけど)
本当に私が続けられる形を一緒に模索してくれたこと、寄り添ってくれたことが凄くうれしかったです。

それはただ、優しくしてもらってうれしかったのではなく、途中で中断、退会することもなく、
必要な知識を最後まできちんと丁寧に私の芯まで届くように粘り強く教えてくださったことがうれしかったのです。

 

そのおかげもあり、この一年で会社の仕組みをブラッシュアップでき、様々な面で加速することができました。
売上も収入も、目標値を一年で大幅に超え、教えていただいた原理原則は今では社員教育にも使わせていただき
私たちの共通認識としています。

 

 

勉強会に参加できたこと、曲尾さんとの縁がいただけたことが、私の財産・・・というよりも、
私をより輝かせてくれるための加速器となっているように感じます。

 

 

 

参加を迷ってる方へのアドバイスをもしお送りできるとしたら、
この勉強会は本当にものすごい「加速器」ですので、
(先に、一度の参加でたくさんの可能性が広がる、挑戦が生まれる、と伝えましたが、つまりは)
一度だけでも参加したらわかります。

でも逆に、一度参加して何も変われないと感じるなら、何度参加してもきっと同じかも知れないので、
やめた方が良いと思います。
あと、「原理原則」ではなくて「答え」が聞けると考えている人もやめた方が良いですね。

本当に起業家として生きていく力が欲しいと感じている方や、
何かしたいと強く思うけれど、自分の強みやウリがわからなくて前に進めない、漠然とした不安を感じているような方は、まずは一度、曲尾さんにお会いしてみる、この勉強会にお試しでも(あるのかな?)
参加してみることを強くお勧めします。
きっと、自分の中で変化スピードが変わることを実感できると思います。

VOICE

会員制勉強会「閾値アップ」を構成しているもの?

①日報のやりとり 人生を好転させるサイクルをつくる3つの質問について、
チャットワーク(無料)というシステムを使って、
日報というスタイルで曲尾と日々やりとりをします。

感情や思考、行動を「記録」に残す。
日記ではなく、日報です。
業務日報のような受動的に行なうものではありません。

ボクからのフィードバックもあります。
前回の参加者メンバーが、このやりとりは一生の宝物です。
とおっしゃってくれました。
②機会提供 不定期(平均からすると3日に1回程度)ですが、
ボクからチャットワークを通じて、
「参考」というカタチで、URL(コンテンツ)等を送ります。

自分を成長させてくれるだけでなく、ビジネスの機会にもなる
この不定期通信が楽しみですとおっしゃってくれるメンバーも
いるぐらい送る情報は示唆にとんでいます。
③勉強会 毎月1回定例勉強会があります。(名古屋市内)
毎月第三水曜日19時~21時、終了後は親睦会(自由参加)があります。
④初体験ツアー 4ヶ月に1回、貴方が未だ経験されたことがないことを体験する秘密のツアーに参加できます。
場所は、国内だけでなく海外の時もあります。
交通・宿泊・飲食費用等は、実費になります。
2019年度は、7月・11月・3月の予定です。
⑤その他 不定期ですが、曲尾が参加する展示会や他社主催セミナー等に一緒に同行いただけます。
参加費・交通・宿泊・飲食費用等は、実費になります。
③勉強会 毎月1回定例勉強会があります。(名古屋市内)
毎月第三水曜日19時~21時、終了後は親睦会(自由参加)があります。
補足

①について
期間中、キャッチボールを毎日やりましょう!(強制ではありません)

日常生活の中で、この視点があるのかないのか?自由自在にビジネスを構築できるようになる
為の自主トレです。管理や監視がしたいわけではなくて、ボクも毎日やっていることなので、
チャットワークを使って、キャッチボールしましよう!という提案です。

日々忙しいんですよ、だから多くの人は、日記すら書かない。書けない。
今の自分は、過去の経験の蓄積によって構成されています。
が、人間は都合良く忘れる生き物です。

3つの普遍的な質問について、毎日それを意識してさらに「記録」として残す。
毎日貯金しているようなものです。大袈裟でも何でもなく1年後、実感できると思います。


③について
お仕事の都合もあって、参加できないときもあると思います。また、お住まいが遠方で
参加できない方もいらっしゃると思いますが問題ありません。毎月、勉強会で使用する教材は、
郵送等で送りますので、対面勉強会に出席しないとこの会員制勉強会「閾値アップ」に参加
できないわけではありませんのでご安心ください。

セミナーやコンサルとは違い、ファシリテータとしてボクも参加しますが、同じモノを体験
しても、感じることや考えることは異なります。これは、遺伝、環境、経験の違いによって
もたらされるものです(ギフトです)。自分とは異なるモノの見方を得られる機会って、案外
日常生活の中で見出すことが難しいので(利害関係や理解度の違いによって)、新鮮だと
思いますよ。


④・⑤について
強制ではなく自由参加となります。
ボクは、常にこう考えています。
質問(機会)があれば、答え(仮説)を探す。

今日のお昼は何を食べようかな?
今週末はどこへ旅行に行こうかな?
恋人に誕生日プレゼント、何をあげようかな?

日頃、自然にやっていることなのですが、これがビジネスのことになると、正解探しで迷子に
なってしまう方がいます。正解なんてありません。例えば、ボクがいる丸の内という場所は、
ビジネス街なので、ランチの時間帯はとても混雑しています。コンビニでも2,30人が常に
列をつくっているような状況です。

この機会をビジネスにしようと、今から「おにぎり屋さん」を開業するとしますよね?
どんなおにぎり屋さんにしますか?


あれこれ仮説がでてくると思います。どれだけ入念にリサーチをしたところで、実際にやって
みないことにはわからないというのが本当のところで、おまけに、誰がやるのか?によっても
結果は全然違うものになります。

もっと言うと、自分でやらなくても、ビジネスモデルを販売することも可能です。
コミュニティーをつくって、マッチングビジネスにしてもいい、、、

弊社には4MM(4つのマネタイズメソッド)という仮説構築の際の4つの異なるパターン
がありますが、自分の思考・行動特性によって、アウトプットが偏る傾向がでます。
だからこそ、他の人の仮説(モノの見方)を知ることができるこの機会(場)は貴重でも
あります。

新しいモノの見方は、ギフトです!

何を学ぶのですか?

参加することで得られるメリットや各回の内容など、
事前に詳細を知っておかないと参加できないという方には向いていません。

知ったところで、できるようになるわけではありません。
新しいモノの見方って、理解できるところにありませんから。

それは知っている。
つもりで処理してしまうことがどれだけもったいないことなのか?

自分の理解できることだけしか選択しないというなら、今以上の成長は望めません。
毎回のテーマやゲスト講師などは、楽しみにしていてください!

参加費用について

さて、参加費用ですが、自分の限界値、可能性をさらに高める目的で参加していただく
会員制勉強会「閾値アップ」に、どれほどの価値を感じていただいていますか?

せっかくの機会なので、参加費用を考えてみて欲しいのです。
ビジネスをするときは、商品に販売価格をつけますよね?

・・・
・・


とはいえ、何のフィルターもないと困ってしまう方もいると思います。
なので、今回はこんなフウにしてみました。

3年後、手に入れている収入の1/10でどうでしょうか?
自己申告制です(笑)。

一般的に飲食業であれば、商品の原価(仕入れ)が、3割前後です。
1,000円のパスタであれば、300円前後が原価(仕入れ)になります。

自分という商品を、仮に1,000万円で販売するなら、いくらの原価を
かけますか?こういう視点で、自分の価値を考えたことがありますか?

例えば、2018年のサラリーマンの平均給与が、420万円。

3年後、平均給与基準は最低得たいのであれば、その1/10として、
参加費用は、42万円になります。

300円投資して、1,000円のパスタを売る。
42万円を投資して、将来420万円を得るというロジックです。


ちなみに、ボクが現在主宰している唯一のサポートプログラムである、
起業家道マスター年間プログラムの参加費用は、144万円(年間)。

このプログラムは、相談回数制限無しとか、弊社主催セミナーに無料で参加できるとか、
一緒にビジネスをするとかあれこれ特典がついているので、比較できませんが、、、
(ちなみに閾値アップにも希望すれば無料で参加できます)

1,440万円以上の収入を目標にするのであれば、、、
起業家道マンツーマンプログラムへの参加をお勧めします。
圧倒的にお得ですから、、、。
追伸

なぜ定価を設定しないのか?というと、現在、置かれている状況や環境、それに
未来に求めているものって十人十色だから。


それとね、本当は、参加したいけど、払えるお金がない。
だから参加できないって、もったいないでしょ。

お申し込み

参加を決めたなら、以下のフォームからお申し込みください。
追ってお振込み先をメールで送ります。
尚、分割支払いやクレジットカードでのお支払いも可能です。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
参考

過去の勉強会では、、、

著名経営者のDVD鑑賞をして、それを踏まえてブレストしたり、
手品を学んで、そこから視点を置き換えして、コンテンツ販売をしたり、

現役の起業家・経営者をゲストとして招いて、セッションしたりと、
毎回、新しいモノの見方は、ギフトを体感してもらえるプログラムでした。

今までの人生で、他人に何か教えて対価を得たことが1回もない、
どちらかといえば、内向的な方が、自分の経験を踏まえて構築した
コンテンツでセミナー講師になって、毎月セミナーを開催できるようになったり、
参加する前と1年経過後で、売上が3倍になった女性経営者の方もいます。

一年前このような未来を想像できていたのか?
と聞くと、全く想像していなかったとおっしゃっていました。


人生は、選択の連続です。
選択の結果が今、現在の自分です。


この1年間で、劇的に人生が変わった方はさておき、
そうではなかったというなら、、、

まだ今の自分では想像できていない未来を手に入れる為に、
会員制勉強会「閾値アップ」にご参加ください。


3年後、いくらの報酬を得ていたいですか?

あなたの参加を待っています。
いつもありがとうございます。
起業家道 プロデューサー
                                                                                曲尾 悟志       


ASK-GET-GIVE

サービス

有限会社ブラッシュアップについて。
ご不明点はこちらからお問い合わせ下さい。
起業・ビジネスに関する1dayセミナーや
定期開催の少人数制勉強会などを含め
様々なイベントを開催しています。
マンツーマンでの相談会を開催しています。
ご都合が良い日時をお選び頂けます。
マンツーマンでの相談会を開催しています。
ご都合が良い日時をお選び頂けます。

メールマガジン

メールマガジンでもビジネスのお役に立つ情報を発信してます。
起業家支援専門会社
有限会社ブラッシュアップ


〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦2-3-11-1F

TEL:052-369-0369

ご質問やご不明な点等がございましたら、
お問い合わせフォームからご連絡をお願い致します。

誠に勝手ではございますが、弊社は、
少人数で運営をしている為、 お電話ではなく、
お問い合わせフォームをご利用頂けると幸いです。

尚、弊社クライアント様に限っては、
担当者の携帯電話番号をお伝えしております。
24時間、365日いつでもお電話ください。